松竹歌舞伎会「ほうおう」6月号に玉三郎さんの記事

松竹歌舞伎会の会誌「ほうおう」6月号に、坂東玉三郎丈の特別インタビュー記事を書かせていただきました。タイトルは、「演者として、作り手として『シネマ歌舞伎』に込める思い」。貴重なお話をじっくり聴かせていただきました。26-27ページです。
新型コロナウィルス感染拡大の影響で、歌舞伎座をはじめどこの劇場も閉まっており、「ほうおう」も、本来であればあるはずの巻頭インタビューがありません。シネマ歌舞伎も、映画館が開かないことには見られませんが、勘三郎さん主演のものなど、いくつかはDVDになっています。

 

関連記事

  1. 1月号脱稿

  2. 井上芳雄さんの記事を書きました。

  3. 「チャンネルガイド」2013年3月号

  4. 「月刊スカパー!」2013年7月号

  5. 「月刊スカパー!」2015年1月号

  6. 「芝浜革財布」@歌舞伎彩歌

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。