「不知火検校(しらぬいけんぎょう)」@歌舞伎彩歌

このお話は、
杉の市という一人の盲目の男が、
目の見えない人たちの職能ヒエラルキーのトップである
検校(けんぎょう)になるために、全力で生き抜く立身出世のストーリーです。
ただ、そのやり方がフツーじゃない! 
彼は幼いころから手くせが悪く、
ウソをつき、長じて人の妻を寝取り、殺しもいとわず、
社会の片隅のごみ溜めから這い上がるようにして検校にのぼりつめるのです。
罪悪感のかけらもなく、あらゆる「善」をなぎ倒して生きる男・杉の市を、
松本幸四郎がこれでもかというほど容赦ない悪党として演じます。
ただ、
気づくと憎々しい表情の中に、そこはかとない空しさが……。
叫んでも笑っても、
彼の瞳は常に溢れんばかりの悲しみを湛えているのは、
いったいなぜなのでしょう。
宇野信夫が
1060年に書き、映画にもなった名作です。
もっと詳しく→ 

関連記事

  1. 「ひととき」9月号の地歌舞伎特集に執筆

  2. 中村獅童さんのインタビュー記事を書きました

  3. 「夕刊フジ」2015年11月25日付・12月1日付

  4. 「Wife」362号2013年7月号

  5. 7月歌舞伎座「牡丹燈籠」のレビューを書きました

  6. 「Wife」361号(2013年5月号)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。