「演劇界」10月号に執筆

「演劇界」10月号、特別企画「l love Kabuki! 外国人から見た歌舞伎」で、パックンことパトリック・ハーランさんと、ヴァイオリニストで歌手でもあるサラ・オレインさんのインタビューをしました。
「何とお呼びすればいいですか?」と尋ねると、「’パックン’で」と気さくにおっしゃってくれたパックン。ヴァイオリンケースを背負って現れたサラさん。お二人とも歌舞伎の深いところまで感じてくださっていて、それは、「外国人」である前に、お二人が「アーティスト」であることがよく出ていたと思います。とても勉強になりました。

関連記事

  1. 「鳴神」@歌舞伎彩歌

  2. 著者校に入ります

  3. 「月刊スカパー!」2013年6月号

  4. 「月刊スカパー!」2017年4月号

  5. 園子温監督の最新作「希望の国」の紹介記事発行

  6. 「Wife」359号(2013年1月号)で「歌舞伎の中のWifeたち」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。