「伊達の十役」@歌舞伎彩歌

「伊達の十役」は
仙台藩伊達家の御家騒動を題材にした作品群「伊達騒動もの」の一つ。
昭和
54年(1979年)、
「スーパー歌舞伎」の生みの親、三代目市川猿之助(現・猿翁)が
150年ぶりに復活させました。
みどころは、なんといっても一人十役の「早替わり」。
スーパー歌舞伎では定番の「宙乗り」もあり、
ワクワク感満載のスペクタクルな仕掛け=ケレンを随所に施した作品です。
今回、
この十役に挑戦したのは市川染五郎。
乳人政岡/仁木弾正/足利頼兼/高尾太夫/荒獅子男之助/
土手の道哲/赤松満祐/絹川与右衛門/腰元累/細川勝元と、
重要かつまったく異なる役柄を見事かつスピーディーに演じ分けます。
日ごろから、
和事・荒事、時代物・世話物と幅広いジャンルの立ち役(男役)ができ、
その上静御前のような女形も務められる染五郎ならではの、
当たり役といえましょう。

関連記事

  1. 7月歌舞伎座「牡丹燈籠」のレビューを書きました

  2. 「e2Days」2012年6月号

  3. 「月刊スカパー!」2012年9月号

  4. 「dmenu映画」でシネマ歌舞伎「ワンピース」を紹介

  5. 「恋と歌舞伎と女の事情」

  6. 「文七元結」@歌舞伎彩歌

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。