6/5 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第6クール終了

6/5(金)、歌舞伎座の隣のビル「GINZA楽・学講座」での講義も一年半。

18回目となる「三人吉三(さんにんきちさ)」についてが無事終了しました。
ちょうど今月末からシネマ歌舞伎でコクーン歌舞伎の「三人吉三」が上映されますので、
それに合わせてのご案内となりました。

いつもご協力をいただいている松竹の方が見学に来られて、

「作品について知っているつもりでしたが、改めて発見することがたくさんありました!

画像や映像を効果的に使っていますね」とおっしゃっていただきうれしい限りです。

続きは「仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド」でどうぞ!

 

 

関連記事

  1. 四月大歌舞伎(夜の部)@歌舞伎座

  2. 明日のファンミーティングはキャンセル待ちです。

  3. 1/18 「女性の視点で読み直す歌舞伎」1/9に第5クール発進!

  4. 1/5 「月刊スカパー!」1月号に、中村歌昇の記事を書きました。

  5. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  6. ⑭「曽根崎心中」~18の娘が呟く「いつまで生きても同じこと」~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。