仲野マリ (なかの・まり) Mari Nakano

ライター/講師

1958年東京生まれ、早稲田大学第一文学部卒。
映画プロデューサーだった父(仲野和正・大映映画『ガメラ対ギャオス』『新・鞍馬天狗』などを企画)の影響で映画や舞台の制作に興味を持ち、現在は歌舞伎、ストレートプレイ、ミュージカル、バレエなど、年120本以上の舞台を観劇。おもにエンタメ系の劇評やレビューを書く。
坂東玉三郎、松本幸四郎、市川海老蔵、市川猿之助、片岡愛之助などの歌舞伎俳優や、宝塚スター、著名ダンサーなど、インタビュー歴多数。作品のテーマに踏み込みつつ観客の視点も重視した劇評に定評がある。2001年第11回日本ダンス評論賞(財団法人日本舞台芸術振興会/新書館ダンスマガジン)佳作入賞。日本劇作家協会会員。
(ライター)
2006年、映画紹介コラム『仲野マリの気ままにシネマナビ』(隔月刊『Wife』http://www.wife.com)連載開始。現在も連載中。
2013年、六耀社「ソリストの思考術」シリーズ「舘野泉」発行において、ピアニスト館野泉の自伝的話や音楽への取り組みなどについて聞き手となり、執筆・編集に協力。
2017年、「恋と歌舞伎と女の事情」(東海教育研究所)発行。
雑誌、書籍、ウェブなど媒体を問わず、劇評やインタビュー記事を執筆している。
(講師)
2013年、GINZA楽学倶楽部「女性の視点から読み直す歌舞伎」開始。(毎月開講)
2014年、MOVIX柏の葉などでシネマ歌舞伎の上映前解説を開始。(年6回〜8回)
他にも
歌舞伎ビギナー向け講座講師、観劇バスツアー講師などを務める。
2015年、ライター養成講座・文章の添削指導を開始。LETSライタースクールのセミナー「映画ライター養成講座」講師、アイムパーソナルカレッジライターコース講師など。

「エンタメ水先案内人」とは

執筆に加え講師としての登壇を開始したのを機に、それまで名乗ってきた「ライター」と新しく始めた「講師」を融合した肩書きとして「エンタメ水先案内人」を名乗っています。正確にはHP「エンタメ水先案内人ーEcri-duo」(www.ecri-duo.com)を開設した2015年5月から。2006年に開始し現在も連載を続けている映画紹介コーナーのタイトル「仲野マリのシネマナビ」の「ナビ」に由来して命名しました。ジャンルや和洋新旧を問わず、幅広くエンタメ作品を見続けてきた仲野マリは、当初からエンタメ作品の魅力を皆様にご紹介するためのナビゲーター(水先案内人)。これからも、作品に込められたテーマや演技陣のパッションを実感していただけるよう、「書く=ライター」と「語る=講師」を駆使してまいります。

当サイト http://www.nakanomari.net
『気ままにシネマナビonline』  http://cinemanavi-online.com
『ガムザッティの感動おすそわけブログ』 http://plaza.rakuten.co.jp/gamzatti/
『エンタメ水先案内人 Ecri-duo』 http://www.ecri-duo.com
『仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド』 http://kabukilecture.blog.jp/