DanzaにNoismの舞台評が載りました

【2014年3月9日】
Danza2014年Spring号の32ページに、
Noism「Play2Play」の劇評が載りました。
表紙はKバレエの「ラ・バヤデール」です。
Noismは、私がいま一番注目しているコンテンポラリーダンス集団です。
現在、新潟でNoism2の春の定期公演開催中です。
次回公演「カルメン」もとても楽しみにしています。

関連記事

  1. 1月号脱稿

  2. 園子温監督の最新作「希望の国」の紹介記事発行

  3. 10/1入稿

  4. 「舞台のミカタ」最終回@「月刊スカパー!」

  5. 「月刊スカパー!」2016年2月号

  6. 「Wife」361号(2013年5月号)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。