野村萬斎主宰「ござる乃座」50回の節目

【2014年12月5日】

「月刊スカパー!」12月号では、
「CINEMA-CLOSEUP」のほかにステージリポートも書いています。
野村萬斎主宰の「ござる乃座」は1987年以来、
ほぼ年に2回のペースで開催されてきました。
今回は50回という節目の公演であり、
父親である野村万作の舞台生活80周年にもあたり、
格別な思いで演目も選んでいます。
攻めの萬斎、達観の万作、
いずれ劣らぬ名演でした。

関連記事

  1. かもめの本棚連載「地方の芝居小屋を巡る」第二回(上)

  2. 「えるこみ」2009年7月号

  3. 「girlswoman」2008年7月号

  4. 2013年、小劇場の舞台をふり返って

  5. 「恋と歌舞伎と女の事情」

  6. 「月刊スカパー!」2013年12月号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。