リアル講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」再開

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
5月も中旬以降、ようやく緊急事態宣言も解除され、少しずつですが、日常が戻ってまいりました。
映画館は6月に入って少しずつ開場していますが、劇場はいまだ再開に至らず、この先もどうなるか、とても心配です。
私が講師を務める講座のうち、「女性の視点で読み直す歌舞伎」は、6月12日、おかげさまで3ヶ月ぶりに開催。皆様と直接お会いすることができました。
ソーシャルディスタンスを心がけつつ、5月に明治座で上演するはずだった「桜姫東文章」について熱く語った2時間。本来ならば、4月に行うはずの内容でした。皆さん「今の七之助さんで、今、桜姫が観たい! 劇場が開いたら、すぐにでもやってほしい」と口々におっしゃる。私もそう思います。最後は、皆さんとまた劇場でお会いできる日が来ることを祈りつつ解散しました。
来月も10日(金)13時半から開催する予定です。
関心のある方はGINZA楽学倶楽部までお問合せください。

関連記事

  1. 7月から女性の視点で読み直す歌舞伎第3クール!

  2. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」次は節目の20回!

  3. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」18回目無事終了!

  4. ⑥「デキる女、たった一つの恋」~「天守物語」と「英彦山権現誓助剱」~ …

  5. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  6. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」17回目無事終了!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。