「衛星劇場プログラムガイド」2018年9月号「深煎り時間」Vol.5執筆

コラム「深煎り時間」は、各分野の専門ライターが交代で担当しています。今回取り上げる作品は歌舞伎なので、私が執筆しました。

コラム深煎り時間「インド叙事詩が歌舞伎の様式にハマる理由」(マハーバーラタ戦記)
世界中どこにいても美しいものは美しい!

このコラムは、ウェブからも読むことができます。

関連記事

  1. (Web)「omoshii」2014年7月

  2. 「月刊スカパー!」2015年1月号

  3. 「Wife」361号(2013年5月号)

  4. 「東京ウォーカー+№39」2016年12月26日号

  5. 「お国と五平」@歌舞伎彩歌

  6. 玉三郎のおかる@今月の歌舞伎座夜の部

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。