「衛星劇場プログラムガイド」2018年9月号「深煎り時間」Vol.5執筆

コラム「深煎り時間」は、各分野の専門ライターが交代で担当しています。今回取り上げる作品は歌舞伎なので、私が執筆しました。

コラム深煎り時間「インド叙事詩が歌舞伎の様式にハマる理由」(マハーバーラタ戦記)
世界中どこにいても美しいものは美しい!

このコラムは、ウェブからも読むことができます。

関連記事

  1. 1/20 5年越しの念願インタビュー決まる!

  2. 歌舞伎に出てくる「仮名」の読み解き方

  3. 「月刊スカパー!」2011年12月号

  4. 「月刊スカパー!」2017年4月号

  5. (Web)「ルッキュシアター」2014年7月

  6. 新刊発行記念! 盛り上がった’江戸バナ’トークショー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。