中村勘三郎追悼記事

2013年3月1日
「月刊スカパー!3月号」と、
「スカパー!ヨムミル」3月号、
および
「プログラムガイド」3月号に、
中村勘三郎の追悼特集記事を書かせていただきました。
今回、
各方面の方々から
「泣けた」
「簡潔ななかにも切ない気持ちが伝わってきた」
「自分が舞台を見ているような臨場感がある」など
思いがけずお褒めの言葉をたくさんいただき、
とてもありがたく、うれしく思っています。
決してお涙頂戴の記事を書いたつもりはなく、
彼の生涯の仕事の幅広さと芝居に対する情熱を
限られた字数のなかに入れ込もうと努力した結果なのですが・・・。
やっぱり、思っていることは文章に出てしまうんですね。
もしご覧になる機会があったら、ぜひ読んでくださいね。

関連記事

  1. 「ヨムミル」2013年6月号

  2. 野村萬斎主宰「ござる乃座」50回の節目

  3. ちょっと幕間「物売りのいろいろ」

  4. (Web)「ルッキュシアター」2014年11月

  5. 「春ぴあ」2013年春号(首都圏版)

  6. 「月刊スカパー!」2013年12月号

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 5fc6e8b20661b9e47c0df4eb25936a16
    今までの記事とどこが違ったのか?
    ずっとひっかかっていた。で、気がついた。
    これ、インタビュー記事じゃない。
    (勘三郎さん、亡くなったしまったので)
    インタビューして書いた渡辺えりさんの部分も、
    語りおろし、いわゆる一人称書きで、いつもと書き方が違う。
    また劇評のような、一作品のリポートとも違う。
    この「形の違い」は関係あるのだろうか。
    わからないが、この違いは覚えておこう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。