10月からの講座は「仮名手本忠臣蔵」まつり!

「女性の視点で読み直す歌舞伎」

2016年10月から3か月間、「仮名手本忠臣蔵」を特集します。

国立劇場開場50周年記念で、

歌舞伎は3か月続けて「仮名手本忠臣蔵」の全十一段を3か月連続通しで上演。

文楽も12月に通しで上演します。

普通は出ない二段や十段も出る希少な機会。

ぜひ劇場へ。そして、講座へもお運びください!

講座の詳細・お申込みはGINZA楽学倶楽部へ!

関連記事

  1. ⑯「心中天網島」~こんな男になぜ惚れる? おさんと小春~

  2. ③「熊谷陣屋」~相模と藤の方~  

  3. ⑭「曽根崎心中」~18の娘が呟く「いつまで生きても同じこと」~

  4. ①「仮名手本忠臣蔵」~おかるとおかやと顔世御前~

  5. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  6. ④「嫉妬の系譜」~「身替座禅」と「豊志賀の死」~ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ