かもめの本棚の連載「地方の芝居小屋を巡る」第一回(下)

かもめの本棚の連載「地方の芝居小屋を巡る」第一回(下)は「プロの歌舞伎役者を魅了した昔ながらの芝居小屋」について。
岐阜県の相生座美濃歌舞伎博物館を訪ねます。三代目市川猿之助(現・市川猿翁)がスーパー歌舞伎を始めるきっかけともなった相生座との出会い、芝居小屋に残る江戸の空気について、ぜひ知ってください。

 

関連記事

  1. 「春ぴあ」2013年春号(首都圏版)

  2. 「月刊スカパー!」2010年1月号

  3. 7月歌舞伎座「牡丹燈籠」のレビューを書きました

  4. 「詳しい人に書いてもらうと違うね」

  5. 「月刊スカパー!」2017年4月号

  6. かもめの本棚連載「地方の芝居小屋を巡る」第二回(上)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。