「演劇界」10月号に執筆

「演劇界」10月号、特別企画「l love Kabuki! 外国人から見た歌舞伎」で、パックンことパトリック・ハーランさんと、ヴァイオリニストで歌手でもあるサラ・オレインさんのインタビューをしました。
「何とお呼びすればいいですか?」と尋ねると、「’パックン’で」と気さくにおっしゃってくれたパックン。ヴァイオリンケースを背負って現れたサラさん。お二人とも歌舞伎の深いところまで感じてくださっていて、それは、「外国人」である前に、お二人が「アーティスト」であることがよく出ていたと思います。とても勉強になりました。

関連記事

  1. 連載コラム「歌舞伎彩歌」

  2. 「詳しい人に書いてもらうと違うね」

  3. 「月刊スカパー!」2014年6月号

  4. 新作歌舞伎「阿弖流為」のレビューを書きました

  5. 「月刊スカパー!」2009年12月号

  6. かもめの本棚で新連載開始!「地方の芝居小屋を巡る」第一回(上)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。