⑧「野崎村」~お染とお光、譲れない恋~

女性の視点で読み直す歌舞伎⑧
「お染とお光、譲れない恋」
~「染模様妹背門松」「於染久松色読販」と「野崎村」

「三角関係」は今昔、洋の東西を問わず、恋の悩みの大御所。
「染模様妹背門松」では大店の娘・お染と使用人の久松との心中物語でした。
そこではたった1行、「在所でおくめという嫁を決めた」としかなかったのに、
後発の作品「新版歌祭文」では、
その許嫁をめぐるスピンオフストーリー「野崎村」が加えられました。
お光と名を変えて登場したその女性は、ごく普通の女の子。
だからこそ観客は感情移入し、作品は大評判をとりました。

ほかに大店の娘と手代の恋をめぐる三角関係」として
「恋娘昔八丈」や「髪結新三」にも触れます。

・GINZA楽・学倶楽部
2014年8月7日(木)13:30~15:30
2014年8月7日(木)19:00~21:00
*昼・夜内容は同じです。

関連記事

  1. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」9/4「海神別荘」無事終了

  2. 9月9日「女性の視点で読み解く歌舞伎」は「牡丹灯籠」

  3. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第四期決定!

  4. 3月の講座、無事終了しました!

  5. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  6. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」2月からのラインナップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。