「女性の視点で読み直す歌舞伎」10/8は「籠釣瓶花街酔醒」

明日から「女性の視点で読み直す歌舞伎」、第8クールが始まります。

10月は月末から始まるシネマ歌舞伎に合わせて「籠釣瓶花街酔醒」のリピート講座です。

以前の講座では触れなかった、玉三郎さんと菊之助さんの役づくりの違いもお話ししようと思っています。

つい最近、お二人のインタビューをしたので、そのときの模様なども。

お時間の都合がつく方は、ぜひ!

歌舞伎座や新橋演舞場とも近いので、夜の部の前にはちょうどいいですよ!

お問い合わせはGINZA・楽学倶楽部まで。

関連記事

  1. ③「熊谷陣屋」~相模と藤の方~  

  2. ⑨「牡丹燈籠」~3組の男女が織りなす‘愛と死の輪舞’

  3. ⑬「日本振袖始」~スサノオと2人の姫~

  4. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  5. ⑪「刺青奇偶」~女と刺青・流れゆく男と女~

  6. 講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」今月は「女殺油地獄」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。