「女性の視点で読み直す歌舞伎」第6シリーズ開幕

【2015年4月11日】
「女性の視点で読み直す歌舞伎」も第6シリーズを迎えました。
4/10、シリーズ最初に取り上げた作品は「心中天網島」でした。
近松門左衛門の最高傑作と言われる作品です。
今回は「心中天網島」を
上の巻「河庄」=治兵衛の物語
中の巻「紙屋内」=おさんの物語
下の巻「道行名残の橋づくし」=小春の物語
と位置付けて、3人それぞれの心理に迫りました。
詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 女性の視点で読み直す歌舞伎㉑「海神別荘」

  2. ⑨「牡丹燈籠」~3組の男女が織りなす‘愛と死の輪舞’

  3. シネマ歌舞伎「日本振袖始」は、ヤマタノオロチのお話!

  4. 「曽根崎心中」講座無事終了

  5. ⑯「心中天網島」~こんな男になぜ惚れる? おさんと小春~

  6. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。