「本物を見なきゃダメだ」by山本學

ネットサーフィンしていたり、テレビを見ていたり、本をよんでいたりすると、

「ああ、いい言葉だな」と思うものにいくつも出会います。

心に留めておこう、とそのときは思いますし、

多くのものはその後も記憶に残りますが、

やっぱり書き留めておいたほうがいいな、と思いました。

(だんだん記憶力が…)

今日は、俳優の山本學さんの言葉。(出典はNEWS ポストセブン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「芝居は感性のものですから、絵でもなんでも『本物』を見てなきゃ駄目だと思います。

そうやって脳を刺激しておかないと。

つまらないものばかり見ていていい芝居しようと思っても、できないですよ。ですから、

若い人には『いくらくれますか』ではなく『いくら身銭切れるか』を考えなさい、と言っています。

座右の銘は『人の芝居が下手に見えた時は、自分が下手になっている時だと思え』です。

駄目な人ばかりに目がいって、上手い人に目がいかなくなったら

自分の感性が落ちているということだと思っています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事

  1. どうブログをかき分けるか、まだ迷い中

  2. 2009年という分水嶺

  3. 縁は異なもの

  4. 映画ジャーナリスト宣伝部合同年賀の会

  5. お引っ越しします

  6. 人生に無駄な経歴なし

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。