2015年3月の歌舞伎(3)国立劇場

国立劇場大劇場では、
中村橋之助が初役で「髪結新三」(かみゆい・しんざ)を上演します。

橋之助が新三初役ならば、
錦之助も初役、国生も初役。
その意気込みを
以下の会見でうかがい知ることができます。

奇しくも、
急逝した三津五郎に習ったという「髪結新三」。
2013年、八月納涼歌舞伎で観た三津五郎の新三は、
単にチンピラ的な威勢の良さだけでなく、くぐもったようなダークな面が覗いて、
「帳場を捨てれば五分と五分」と、
思いのたけを本音でぶちまけるくだりは
江戸の裏町に生きる者の憤懣とやるせなさが心に迫りました。

きっと橋之助も、
キップのいい新三を見せてくれるのではないでしょうか。

手下の勝奴には息子の国生。
もうそんな役をやるようになったのですね。
勝奴を演じながら、身近に新三を学ぶ。
勝奴とは、そういう役でもあります。

進境著しい児太郎が新三に誘拐されるお熊。
「ザ・交渉人」としてお熊救出に乗り込むも、
新三に顔をつぶされてしまう弥太五郎親分は錦之助。
どちらかというと二枚目で線が細い役の多い錦之助が
太い役をどうこなすか、期待です。

ほかに「三人形(みつにんぎょう)」。
若衆に錦之助、傾城が児太郎、国生が奴の役での舞踊です。

関連記事

  1. 2015年10月の歌舞伎(3)名古屋公演

  2. 染五郎の弁慶、テレビに登場!

  3. 市川海老蔵主演「源氏物語」全国ツアー佳境

  4. 2015年6月の歌舞伎

  5. 吉右衛門の「陣門・組討」と「アメリカン・スナイパー」

  6. 2015年7月の歌舞伎(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。