「女性の視点で読み直す歌舞伎」24弾

「女性の視点で読み直す歌舞伎」も、今期で7年目に入ります。もう70回を数えることになりました。
今回のスケジュールは
11月がスーパー歌舞伎「オグリ」にちなんで小栗判官伝説について
12月は、1月にシネマ歌舞伎上映があり、文楽でも上演される「吉田屋廓文章」について
1月は、今年夏に浜中文一くん主演で上演された「THE BLANK! 近松門左衛門空白の十年」を中心に、近松の作品について

以上です。

関連記事

  1. 「曽根崎心中」講座無事終了

  2. 6/5 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第6クール終了

  3. ⑨「牡丹燈籠」~3組の男女が織りなす‘愛と死の輪舞’

  4. 第3回講座修了!取材も受けました

  5. 月9ドラマ「デート」と「封印切」

  6. 歌舞伎 浮世絵 忠臣蔵

    「女性の視点で読み直す歌舞伎」 で「仮名手本忠臣蔵」を特集します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。