「一生に一度でいいから本を出してみたい!』という夢


一生に一度でいい、本を書きたいと思っている人、「書く」を仕事にしたい人、

でも、書くと迷路にはまってしまう・・・という人。
わかります。私もそうでした。そして、いろいろあって、ようやく本を出しました。
ところで、
世に出ている多くの新進作家には、実はデビュー前から有能な編集者がついているってご存知でしたか?

・いい”書き手”のそばには、必ず有能な”編集者”がいる


「この人には才能がある!」と原石を見つけた出版社は、その人に有能な編集者をつけて、

二人三脚でデビュー作執筆に取り掛かります。
つまり、最初から全て一人で書くような天才的な人間は、本当に一握りであり、
多くの人は、助言によって「自分の書きたいこと」を「読ませる文章」へと進化させているのです。

これは何も小説家に限った話ではありません。
世の中には素晴らしい考えの持ち主がたくさんいらっしゃいます。
でも彼ら彼女らの中で、その考えを優れた文章として出現させられる人は非常に少ない。

もったいない話ではありませんか!

・デジタル社会はすべてが文章によって評価される


「本を書く」だけでなく、メール、SNS、社内の書類や企画書、

ニュースレター、エントリーシート、チラシ、パンフレット、などなど、
デジタル社会の今、自分の能力を第三者に伝えるツールとして、「文章」の重要さは計り知れません。
どんなに能力があり、気遣いがあり、人格的に素晴らしくても、
それを「文」で表現できなければ、第三者にあなたの魅力を伝えることはできないのです。
「話したいことはたくさんあるけれど、文を書くのは苦手…」
そういう人は、とても不利になります。

あなたの考えが、世界を変えるかもしれないのに、
ただあなたの文章に、その力がないだけなんて!

・プロだからわかる「原石を輝かせる方法」


あなたの文章を、私に読ませてください。

仲野マリがあなたの一番の読者となり、
プロのライターやライティング講師としての経験で、
あなたの中にあるダイヤの原石を発掘し、輝かせます。

なぜ仲野マリはあなたを輝かせられるのか?


文章のプロはたくさんいらっしゃいます。文章の書き方を教えてくれる人も、優秀な先生はたくさんいらっしゃる。また、多くの編集者は、日々ライターの記事を「添削」し、よりよい記事にしています。
では、仲野マリにしかできないと断言できるのはなぜか?
それは「添削」の力です。
文章は、一回書いただけでは完成しません。

書いて読み直す、読んで書き直す、その繰り返しの中から内容に最もふさわしい文が生まれてきます。
私は、その「読み直す」ポイントと、「書き直す」ヒントをあなたに差し上げます。

・小論文の添削指導経験


私は高校生の小論文の添削指導を長くやっていました。その人の性格や考えは、文章に出ます。たった二行しか書いてない子のその先の余白が気になった日々。彼は彼女は何を思い、何を書きたかったのか?それを探り当てるのが私の使命です。また、当たり障りのないまとめ方しかできない優等生に、「本当に言いたいこと」を書けるよう、背中を押すのも私の役目。添削とは、文章だけでなく、その人の生き方も変える力があります。

「感動」に説得力を与える文章


人を感動させる文章とは、どんな文章でしょうか。
「私は感動した!」を繰り返されても、なかなか読者に感動は伝わりません。
「これが好き!」「絶対あなたも気にいるはず!」という気持ちは、
冷静なロジックを伴って初めて人を納得させられます。
私はライターとして、短い文章の中にクライアントに要求される必要な情報と、私が感じた溢れる感激を入れ込み、読者の感性に訴える経験を積み重ねてきました。その「秘訣」を、マンツーマンの添削指導によって、皆さんにお教えすることができます。

「感動」にはストーリーが必要


私は現在、劇評やインタビューなど、ノンフィクション系のライターとして執筆活動を展開しています。が、かつては小説やシナリオなど、創作を志していた時期がありました。フィクションを手掛けた経験は、ノンフィクションを書く時も役に立ちます。どんなに論理的かつ事実のみをまとめる文章を書く時でも、私は「起承転結」に「ドラマ」を感じさせる文章を目指します。なぜかといえば、どんな文章にも「クライマックス」つまり、ドラマとストーリーが必要だから。「導入」と「伏線」と、「イメージできる描写」が不可欠なのです。

・「あなたらしさ」を活かす添削ができる人は少ない


先ほども言いました。文章のプロはたくさんいらっしゃいますし、優秀な先生もあまたおられます。でも、そこでは「こうすればいい文章になる」というのが正解であって、「こうすれば、あなたらしさが活かせる」という添削とは少し異なるのです。

あなたが一番書きたいことは何なのか。そこをバッサリ削られてしまったら、文章は整って読みやすくなっても、「あなたらしさ」は消えてしまいます。

どんなに「正しい」ことを書いていても、つまらない文章がある。
どんなに「つたない」文章でも人の心をわしづかみにする。
その違いは「あなたらしさ」なのです。

私は、そこに特化してマンツーマン添削をしています。
添削はとても時間がかかるもの。でも、私はまったく苦になりません。添削を重ねるたびにどんどんよくなっていく文章を見るのが好き! どんどん自分の文章に自信をもっていく生徒さんを見るのが好き!
おひとりおひとりの文章を添削することで、「あなたらしさ」の小さな発芽を見逃さず、
「あなたらしさ」を活かし、大きく育てる環境を整えます。

受講者が語る「目からウロコ!」とは?

受講された方からよく言われる言葉が「目からウロコ」。

「文章を入れ替えるだけで、こんなにスッキリするなんて!」
「自分が書いた文章しか使っていないのに、こんなに変わるなんて!」
「ちょっと言葉を添えただけで、文の意味が伝わってきた!」
「自分が書いた文がこんなに深い構造を持っているなんて、初めて分かった!」

そうなんです。あなたの文はちょっとの工夫で100倍輝く!
「素材」はあなたの書いた文の中にある。
それを「宝」として浮かび上がらせるのが、私の使命です。

・誰でも書ける文章はAIにとって代わられる

私は、あなたに自分の良さを気づいてほしい。そして「あなたらしさ」が輝く文章力を手に入れてほしい。
右に左に勝手にのびるものこそ「あなたらしさ」、その勢いを削がないように、「オリジナリティを大切にする添削」が私のモットーです。
誰でも書ける文章は、AI(人工知能)に取って代わられます。「あなたでなければ」書けない文章を、「お金をもらえる」レベルにまで引き上げる、それが私の使命です。
論理的かつ感性に訴える「心に響く文章の書き方」。「共感」と「わかりやすさ」「オリジナリティ」が指導のモットーです。

・すべての基礎は「800字」から

私は「映画ライター養成講座」を軸に文章教室をやっていますが、生徒さんへの課題は「800字であらすじとみどころを紹介する」です。映画に限らず「800字で感性と論理性を磨く」という講座も行っています。このスキルがあれば、映画や舞台、書籍はもちろん、洗濯機からお店の紹介までなんでも書けるようになります。ですからどんな分野であっても「文章」で悩んでいる方は、ぜひお問合せください。

・「新米ライターあるある失敗談」で起業女子に寄り添える

偉そうなことを並べていますが、私自身、専業主婦歴25年、子育て22年を経てライタースクールに入り、最初からフリーランスでプロのライターになった身です。10年経って著書を出版し、今でこそ「先生」などと言われることもありますが、「ありがちな失敗」や「誰でも通る道」には、非常に詳しい(笑)と言えましょう。だからあなたに寄り添える。どこにつまづいているのか、何が越えられないのかわかる。そして、ライターとしても講師としても、「わからないところ」に気づき、「わかりやすく」説明するのを得意とするから、あなたを輝かせられる、と信じています。

・女性の起業に欠かせないブランディングにも「文章力」は必須

起業女子、起業を考えている方には、ブランディングのお手伝いもしています。ブログやHPをつくってはみたものの、自分のイメージと違う方、SNSでの発信に踏み切れないでいる人、すべてを人に任せるしかないと思っている人。まずは自分が「どんな自分になりたいか」を整理しましょう。そして、「文章で」発信する。そのベースを整えれば、あとは毎日の積み重ねがあなたの「ブランディング」になります。

私は今まで多くの有名人をインタビューし、記事にしてきました。あなたがその道で成功し、記者さんから「インタビューさせてください」と取材の依頼を受けた時、あなたはこれまでの自分をどう語りますか? そんなイメージで、ロングプロフィールを今から作っていきましょう。

カスタムメイドの添削講座の中で、ただ一つ決まっていること

仲野マリの文章講座は、あなたのご要望に沿って展開します。
その内容も形式も、自在に変化します。
その中で、ただ一つけ変わらないこと。
それは「1作品3回まで添削をする」という指導方式です。

・「どう書いていいかわからない」人にも対応

「○○について書けるようになりたい」「○○のために文章の質を上げたい」から
「書き始めるけれど最後まで書き終えられない」
「どうやって長い文章にすればいいかわからない」「どうやって短くできるのかわからない」
「ブログに何を書いていいかわからない」などなど、
文章に関するお悩みはたくさんあると思います。

仲野マリの添削指導は、課題が未完成でも提出できます。3回の間に完成できればいいのですから。
「ここまで書いたけど、あとどうしていいかわからない」
「私は○○についても付け加えたいけれど、どこに入れたらいいかわからない」など、
迷っていることをメールで書いてくだされば、その問題を解決する方向のアドバイスをします。

「それを文章で書くのが難しいんだよね」という方、
ZOOMを使った対面指導が可能ですので、書かなくてもお話ししてくだされば大丈夫です。
あなたの悩みを伺うことが、添削のヒントになります。だって「あなたらしさ」を引き出す添削ですから。
話すことで、整理できることもたくさんありますよ。

・こっそり文章が上手くなりたい人は……

「誰にも知られずに上手くなりたい」と思っている方、いませんか?
「文章教室に行くと、他の人と比べられるし、人前で発表するのも恥ずかしい」
添削指導はマンツーマンです。メール添付で添削をしますので、全世界どこにお住まいでも受け付けられますし、
今はオンラインという素晴らしいツールがあるため、必要なら世界中どこにいても直接お話しすることが可能です。
いずれにしても、仲野マリは「口がカタい」。あなたの秘密は漏らしません。

・合評形式のセミナーもあります

自分の文章を人に読んでもらう勇気が出てきたら、合評形式のセミナーに参加するのもおすすめです。
多くのライティングセミナーを開催してみて分かったことは、合評形式で伸びる人が多いということ。
自分についての添削だけでなく、他人に対するアドバイスもとても有効だということですね。
合評といっても少人数(多くても4人)なので、充実した時間が過ごせます。

これまでに行なってきたセミナー

これまでに、「アイムパーソナルカレッジ ライターコース」や「LETSライター講座卒業生向けセミナー」などで添削講座を受け持ち、現在も継続しています。

1.「映画ライター養成講座」

「タイトル」「あらすじ」「みどころ」を押さえた映画評の書き方。6ヶ月1クール
(ベーシック=マンツーマン、スペシャル=原則合評)
(アドバンス=スペシャルの内容に取材の仕方・記事の書き方を加え、1年1クール)

2.「800字で感性と論理を磨くライティング講座」

執筆内容は自由。3ヶ月1クール、原則合評

詳しくは仕事履歴の「添削講座」をご覧いただき、
気になる講座がありましたら「お問合せフォーム」からご連絡ください。

1と2については、GINZA楽・学倶楽部へお問い合わせください。

1回限りの添削指導については、ECサイト「仲野堂」から直接申し込むことができます。
「モニター版」は「スタンダード版」より格安となっておりますが、内容の違いを十分にご確認ください。

動画でわかる「心に響く文章の書き方」

最後に、オンラインでの添削指導の参考に、
仲野マリとはどんな感じでおしゃべりするのか、動画をご覧ください。
インタビューの中で私が放った「文章は山登り!」というコンセプトが、
視聴者の方々の心に届き、多くの反響をいただきました。


「文章を見てもらいたい」と思ったら、「お問合せフォーム」からご連絡ください。
ECサイト「仲野堂」から直接申し込むこともできます。