プロフィールを入稿しました

2013年5月17日
初校校正もようやく終盤。
加筆あったり、注釈を整えたり、といつまで続くこの作業…。
でも、
編集者や関係者に投げかけられる一言一言によって、
内容はどんどんブラッシュアップされていきます。
ちょっと違和感を持ちながらもそれ以上どうすることもできずにいたところに
やっぱりメスが入る、という感じで、
とても勉強になります。
単に「もうちょっと加筆お願いします」と言われるだけでも、
自分に新たな視点が加わってくるから面白いものですね。
そして今日、とうとうプロフィールを入稿しました。
今回はピアニストの一人称なので、
正式な著者はその方となります。
私は「聞き手」として登場。
でも、最終的にどんな形で名前が出るか、
内心不安を抱きながら「その時」を待っていました。
プロフィールまで載せてくれるとわかって、ほんとにうれしい!
配本まであと1カ月。
まだまだ紆余曲折ありますが、あともう少しになりました。

関連記事

  1. 「月刊スカパー!」2014年5月号

  2. 「研辰の討たれ」@歌舞伎彩歌

  3. 「Wife」351(2011年9月号)

  4. 「月刊スカパー!」2016年2月号

  5. 「月刊スカパー!」2015年6月号

  6. 「月刊スカパー!」2016年11月号

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: a9f5efc61edff120fdf139252d114fe4
    わぁ、楽しみですね!!!

    • gamzatty
    • 2013年 5月 17日

    SECRET: 0
    PASS: 5fc6e8b20661b9e47c0df4eb25936a16
    なんとかここまでたどりつきました。
    でも最終関門がまだ残ってるんですけど(汗)。

  1. この記事へのトラックバックはありません。