プロフィール

プロフィール

あなたの人生を豊かにするために 

エンタメ水先案内人 仲野マリ

仲野マリ (なかの・まり) 

Mari Nakano

ライター/講師

1958年東京生まれ、早稲田大学第一文学部卒。

映画プロデューサーだった父(仲野和正・大映映画『ガメラ対ギャオス』『新・鞍馬天狗』などを企画)の影響で映画や舞台の制作に興味を持ち、

現在は歌舞伎、ストレートプレイ、ミュージカル、バレエなど、年平均100本の舞台を観劇。おもにエンタメ系の劇評やレビューを書く。

2006年より開始した映画紹介コラム『仲野マリの気ままにシネマナビ』(隔月刊『Wife』http://www.wife.com)は現在も連載中。

坂東玉三郎、松本幸四郎、市川海老蔵、市川猿之助、片岡愛之助などの歌舞伎俳優や、宝塚スター、著名ダンサーなど、インタビュー歴多数。

2009年より東京国際映画祭登録ライター。

2013年、六耀社「ソリストの思考術」シリーズ「舘野泉」発行において、ピアニスト館野泉の自伝的話や音楽への取り組みなどについて聞き手となり、執筆・編集に協力。

2015年より「Cinema Art Online」専属ライター。

2016年より衛星劇場公式サイトにて歌舞伎コラム「歌舞伎彩歌」連載開始。

2001年第11回日本ダンス評論賞(財団法人日本舞台芸術振興会/新書館ダンスマガジン)佳作入賞。日本劇作家協会会員。

ライターから講師へ! 「書く」と「話す」であなたにあふれる感動を届けます

作品のテーマに踏み込みつつ観客の視点も重視した劇評に定評があり、

2014年からは「女性の視点から読み直す歌舞伎」やシネマ歌舞伎上映前解説など、

歌舞伎ビギナーに向けて歌舞伎をより身近に感じられる講座で講師を務める。

 

2015年「あなたも映画ライターになれる!」と題し、

2016年第28回東京国際映画祭の登録ライターを目標とするセミナーを立ち上げる。

0期生の成長と活躍に自らのメソッドに自信と確信を得、2016年秋より本格始動。

 

ほかにも「オリジナリティを大切にする添削」をモットーに、

プロアマ・業態のいかんにかかわらず、

論理的かつ感性に訴える「心に響く文章の書き方」の個人指導を行っている。

 

当サイト http://www.nakanomari.net

『エンタメ水先案内人 Ecri-duo』 http://www.ecri-duo.com

『仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド』 http://kabukilecture.blog.jp/

『仲野マリの気ままにシネマナビonline』  http://cinemanavi-wife.blog.jp

『ガムザッティの感動おすそわけブログ』 http://plaza.rakuten.co.jp/gamzatti/

『仲野マリのエンタメお仕事な毎日』    http://gamzatty.blog135.fc2.com/(このコンテンツは順次当サイトに移行します)

PAGE TOP