「女性の視点で読み直す歌舞伎」第23期

講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」も6年目に突入! 8月から第23期に入ります。

8月は納涼歌舞伎にちなんで、「伽羅先代萩」(8/9)
9月は近松門左衛門の名作「心中天網島」(9/13)
10月は「双蝶々曲輪日記」。松竹東コースで高麗屋の襲名披露公演として、その一場面「引窓」を上演しています。(10/11)

申し込みなど詳しくは、GINZA楽・楽倶楽部までお願いいたします。

関連記事

  1. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」10/8は「籠釣瓶花街酔醒」

  2. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  3. 5/13(金)29回目の講座は「輝虎配膳」

  4. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」24弾

  5. ⑫「盟三五大切」~女と刺青・五大力と小万~

  6. 「吉野川」解説を聞いてくださった方の感想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。