4/10「女性の視点で読み直す歌舞伎」第6シリーズ開幕

「女性の視点で読み直す歌舞伎」も第6シリーズを迎えました。
4/10、シリーズ最初に取り上げた作品は「心中天網島」でした。
近松門左衛門の最高傑作と言われる作品です。

今回は「心中天網島」を
上の巻「河庄」=治兵衛の物語
中の巻「紙屋内」=おさんの物語
下の巻「道行名残の橋づくし」=小春の物語

と位置付けて、3人それぞれの心理に迫りました。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 7月歌舞伎座、猿之助の舞台についてレビューを書きました

  2. 「演劇界」9月号に記事を書きました

  3. ⑨「牡丹燈籠」~3組の男女が織りなす‘愛と死の輪舞’

  4. ⑩「籠釣瓶花街酔醒」~花街の女・光と影と~

  5. 「歌舞伎ビギナーズガイド」に1月の歌舞伎レビューを書きました。

  6. 2/6 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第14回無事終了

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。