4/10「女性の視点で読み直す歌舞伎」第6シリーズ開幕

「女性の視点で読み直す歌舞伎」も第6シリーズを迎えました。
4/10、シリーズ最初に取り上げた作品は「心中天網島」でした。
近松門左衛門の最高傑作と言われる作品です。

今回は「心中天網島」を
上の巻「河庄」=治兵衛の物語
中の巻「紙屋内」=おさんの物語
下の巻「道行名残の橋づくし」=小春の物語

と位置付けて、3人それぞれの心理に迫りました。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 今年最後の講座はスペインバルで12/17

  2. 7月歌舞伎座「牡丹燈籠」のレビューを書きました

  3. 7/18にシネマ歌舞伎の解説をします

  4. 4/2「スペインバルで気軽に学ぶ歌舞伎のイロハ」5月も開催!

  5. ⑭「曽根崎心中」~18の娘が呟く「いつまで生きても同じこと」~

  6. 2015年9月の歌舞伎のみどころ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。