「歌舞伎」を一度は観てみたい、と思っている人、
多いと思います。
伝統芸能だし、海外の人も称賛してるし、一度は観てみたい。

――でも、私にわかるのかしら?
面白くなかったら、お金がもったいない……。

そんなふうに思っている方に、ぜひ受けていただきたい講座です。
座席による見え方の違いや、演目による席の選び方なども含め
観客目線でのお話をさせていただきます。

ご要望に合わせて出前講座もいたしますので、こちらからお気軽にご連絡ください。


*おもな講座

(講座のいろいろをお知りになりたい方は、「WORKS(講座)」のページをご覧ください。

「女性の視点で読み直す歌舞伎」(東銀座:GINZA楽・学倶楽部)

「シネマ歌舞伎」の映像、画像などを交えつつ、 現代の女性の生き方に引きつけて、物語を解説。

*過去の講座内容やお申込みはこちらをご覧ください。

「シネマ歌舞伎上映前解説」(柏の葉:MOVIX柏の葉)

映画館で本編を観る前に、作品の面白さや意義、「ここだけは見逃さないように!」などみどころを解説。

過去の講座内容はこちらを、お申込みはこちらをご覧ください。


「スペインバルで気軽に学ぶ歌舞伎のイロハ」(渋谷:Bar Rhodes)

飲みながら、食べながら、チョー初心者の疑問にその人のバックグラウンドを考えて、何でもわかりやすく答える少人数で気軽な集まり。

*Bar Rhodesの閉店に伴い、講座もクローズしましたが、美味しいものを食べながら歌舞伎のお話をするスタイルでの講座は承ります。
過去の講座内容やお申込みはこちらをご覧ください。


歌舞伎というと、見得を切るポーズとか、派手な隈取とか、
そういうものを想像する人が多いと思います。

たしかにそういうパフォーマンス部分も楽しめますが、
私は歌舞伎の本当の魅力は
人間心理に対する深い洞察力だと思っています。
お芝居を観ていると、
人が人を思いやる心、幸せを求める心、それがかなわない哀しさ、
そういうものが時代を超えて描かれていることに気づきます。

古典の名作が現代にも通じるのは、
そこに「私の人生」「あなたの人生」を見出すことができるからです。

網の目のように張り巡らされた豊かなサイドストーリーこそ、歌舞伎の真骨頂!
だからこそ、
自分なりの視点をもち、主役に限らず誰かの人生に感情移入していくと、
歌舞伎はもっと面白くなります。

各講座についてのお問合せや出前講座のご依頼なんでも、こちらからお気軽にご連絡ください。