今年は精力的に試写会へ

2012年1月17日
去年は映画を見る機会が極端に少なくなってしまった。
今年は反省して、
もうちょっと積極的に試写会にも足を運ぼうと思う。
新年第1回の試写参加は「キング・オブ・マンハッタン」でした。
リチャード・ギア主演、大富豪の役。
その妻にはスーザン・サランドン。
金融界もの、というふれこみでしたが、
どちらかというとサスペンスものの色合いのほうが濃かったと思う。
「人間切羽詰まったときに、いったい何を最優先にするか」に焦点を当てています。
本日は「カルテット」
オペラ歌手やコンサートマスターなど、一流音楽家がリタイア後のグループホーム的ビーチャムハウスでの物語。
ホンマもんのアーティストを使っているのと、
ダスティンホフマンが監督なのが売り。
ジョーンズのアリアは素晴らしい!
こんなに歌えるならリタイアしないだろってところが、
この映画の難しいところ。
マギー・スミスって、いい女優さんだよね。
サランドンといいスミスといい、私はこのテの女優さんが好きだな~。
私の後ろの席にはO&P氏が。
O氏はよく試写でお見かけしますが、P氏とのツーショットは初めてでした。

関連記事

  1. 縁は異なもの

  2. 本のお仕事が決まりました

  3. 新型コロナウィルス感染症拡大の影響

  4. 今年1年お世話になりました。

  5. 2014年を振り返って

  6. 東日本大震災から1年

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。