女性の視点で読み直す歌舞伎㉑「海神別荘」

泉鏡花の耽美な世界を、玉三郎が歌舞伎にしました。

一見「これ、歌舞伎?」と戸惑ってしまうような舞台装置や衣装の斬新さには、

泉鏡花の一字一句を理解した上で舞台人・玉三郎が打ち出す戦略がありました。

講座での中心テーマは「異郷に嫁ぐ女」。

生まれ故郷から遠く離れた地に行く怖さ、カルチャーショック。

そのとき、そのとき、女性はいかにたくましく、そして柔軟に、生きていこうとするのか。

輿入れの日にしっかりと自己主張する「美女」、新妻を

自分の価値観で論破しようとする「公子」、

二人はお互いをどうやって受け入れることになるのか。

鏡花の筆致は人間の心理を突いて見事というほかはありません。

「美女と野獣」との共通点や相違点、ジャン・コクトーと歌舞伎との意外な接点などにも触れます。

関連記事

  1. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  2. 来る11/19(日)、コラボ講座第三弾「歌舞伎のちりぬるを」開催します…

  3. 6/5 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第6クール終了

  4. ⑬「日本振袖始」~スサノオと2人の姫~

  5. ①「仮名手本忠臣蔵」~おかるとおかやと顔世御前~

  6. ⑥「デキる女、たった一つの恋」~「天守物語」と「英彦山権現誓助剱」~ …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。