①「仮名手本忠臣蔵」~おかるとおかやと顔世御前~

女性の視点で読み直す歌舞伎①
「仮名手本忠臣蔵」~おかるとおかやと顔世御前~

生き残った3人の女性に注目

「武士がかたき討ちをする勇ましい忠義の話」と思われている「仮名手本忠臣蔵」。
実は、「忠義」に翻弄され、不幸になっていく人々の無念さをこそ丁寧に描いている。
赤穂浪士の討入りの実際にあった部分より、「作り話」の部分のほうが愛されている不思議。
知られているようでいて知られていない、お話の全体像を整理しながら
夫を愛する3人の女性の人生について語ります。
・GINZA楽・学倶楽部 2013年12月6日(金)13:30~15:30
・GINZA楽・学倶楽部 2014年1月21日(金)19:00~21:00
*昼・夜内容は同じです。

 

関連記事

  1. 7月歌舞伎座「牡丹燈籠」のレビューを書きました

  2. 市川海老蔵特別公演「源氏物語 第二章」@京都劇場

  3. ⑩「籠釣瓶花街酔醒」~花街の女・光と影と~

  4. ⑮「封印切」「新口村」~たった3日でいい、妻と呼ばれたい~

  5. ⑧「野崎村」~お染とお光、譲れない恋~

  6. 四月大歌舞伎(昼の部)@歌舞伎座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。