7月歌舞伎座「牡丹燈籠」のレビューを書きました

7月歌舞伎座夜の部は、

坂東玉三郎と市川中車のコンビによる「牡丹燈籠」。

中車が力をつけてきたことがわかる舞台となりました。

詳しくは「仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド」まで。

関連記事

  1. ⑫「盟三五大切」~女と刺青・五大力と小万~

  2. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」9/4「海神別荘」無事終了

  3. 7月歌舞伎座、猿之助の舞台についてレビューを書きました

  4. ⑤「仇と知らず妻になる」~「東海道四谷怪談」と「大江戸りびんぐでっど」…

  5. 1/18 「女性の視点で読み直す歌舞伎」1/9に第5クール発進!

  6. シネマ歌舞伎「阿弖流為」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。