「恋と歌舞伎と女の事情」

いつの時代も「恋」をあきらめないのが女!

単行本「恋と歌舞伎と女の事情」目次

「恋と歌舞伎と女の事情」は、歌舞伎のお話を登場するヒロインの視点に立ってひもとき、現代の女性に共通する子心や不安、そして勇気を浮き彫りにしていきます。
全国書店紀伊国屋書店アマゾンのほか、
国立劇場内売店「文化堂」、新橋演舞場内売店、歌舞伎座ギャラリー横売店「楽座」(歌舞伎座タワー5階)でも購入できます。観劇の際、ちょっとのぞいてみてください。
書店や図書館にない場合は、リクエストしてくださいね。

第一話 「東海道四谷怪談」

・優等生の誇りと誤算~長女・お岩の物語
・そばにいて、愛してくれる人がいい~次女・お袖の物語

第二話 「怪談・牡丹燈籠」

・死んでもあなたを離さない~お露の幸せ
・幽霊に魂を売った夫婦~お峰の幸せ
・たとえ田舎の酌婦になろうとも~お国の幸せ

第三話 「曽根崎心中」

・死ぬことは生きること
・外伝=ないまぜになったリアルとフィクション

第四話 「仮名手本忠臣蔵」

・美しすぎる県知事夫人の涙~顔世御前
・勘平さんしか見えない!~おかる

第五話 「女殺油地獄」

・犯罪被害者の叫びが聞こえる~お吉

第六話 「熊谷陣屋」

・16年目に訪れた残酷すぎる再会~相模と藤の方

第七話 「毛谷村」

・オスカルになれなかった女~お園

第八話 「輝虎配膳」

・戦国時代を生き抜くスマートウーマンたち~越路・唐衣・お勝

第九話 「野崎村」

・野に咲く花の恋と意地~お光ちゃんと選択

第十話 「心中天網島」

・「河庄」 女はどうしてダメ男に惚れるのか?~小春
・「天満紙屋内」 尽くす女? 新しい女?~おさん
・「名残の橋づくし」 自分で決めた道だから~小春の死とそれからのおさん

第十一話 「妹背山婦女庭訓」

・全力で恋する女は美しい~お三輪と橘姫

コラム

①「豊志賀の死」

・「私って重い?」年上女性の一途すぎる愛

②「大石最後の一日」

・「家はつぶしてください!」とおみのは言った

③「お国と五平」

・男をのみ込んでいく魔性の女」

④「夕立」

・人生の転機に訪れた色恋の花火


ウェブで立ち読みできます!

「恋と歌舞伎と女の事情」は、単行本として発行する準備段階として、2016年8月から「かもめの本棚」のサイト「かもめアカデミー」で連載していました。
。第一回は2016年8月28日。
2017年9月に加筆の上、書籍として発行現在ウェブ上で読めるのは第一回と最終回のみとなっています。

第7回「新版歌祭文~野崎村」(全4回)…お光の物語
第6回「彦山権現誓助劔」(全3回)…お園の物語
第5回「女殺油地獄」(全3回)…お吉の物語
第4回「仮名手本忠臣蔵」㊦ (全5回)…おかるの物語
第4回 仮名手本忠臣蔵㊤(全4回)…顔世御前の物語
第3回 曾根崎心中 (全3回)…お初の物語
第2回 牡丹灯籠 (全3回)…お露・お峰・お国の物語
第1回 東海道四谷怪談㊦ (全2回)…お袖の物語
第1回 東海道四谷怪談㊤ (全4回)…お岩の物語

 


「恋と歌舞伎と女の事情」の歩み

★2013年12月より、「Wife」にて「歌舞伎の中のWifeたち」①~⑤を連載
①「仮名手本忠臣蔵」
②「熊谷陣屋」
③「女殺油地獄」
④「牡丹燈籠」
⑤「心中店網島」
★2014年12月より、上記をもとに、GINZA楽学倶楽部にてカルチャー講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」を月1回開催(現在も継続中)
★2016年8月より、上記をもとに、「かもめの本棚」で「恋と歌舞伎と女の事情」を連載。
★2017年9月、上記に加筆して単行本「恋と歌舞伎と女の事情」を発行。