「女性の視点で読み直す歌舞伎」第16回「心中天網島」

4/10(金)、講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」の第6シリーズが始まりました。
16回目となる4月に取り上げたのは、
近松門左衛門の「心中天網島」です。

昨日も書きましたが、
今月歌舞伎座の中村鴈治郎襲名披露公演夜の部で上演されている
「河庄(かわしょう)」は、
その上の巻、発端の部分にあたります。

今月の舞台で
今までと違った治兵衛を感じた私は、
4月10日の講座での講義内容を一部変更し、

「心中天網島」を
上の巻「河庄」=治兵衛の物語
中の巻「紙屋内」=おさんの物語
下の巻「道行名残の橋づくし」=小春の物語

と位置付けて、3人それぞれの心理に新たな視点で迫りました。

また、
「河庄」と同じく玩辞楼(がんじろう)十二曲(中村鴈治郎の得意演目)に名を連ねている
「天網島時雨炬燵(てんのあみじま・しぐれのこたつ)」にも言及しました。
これは近松の「心中天網島」初演から数えて約半世紀後に、
近松半二が「心中紙屋治兵衛」として改作した際、
「紙屋内」のラストシーンを大幅に変更してできあがったもので、
「河庄」と同じく、単体で(見取り狂言)上演されます。

原作である近松門左衛門の「心中天網島」と
改作された近松半二の「心中紙屋治兵衛」との比較もして、
「冥途の飛脚」や「女殺油地獄」なども含め、
近松の名作は時代を200年も先取りしていたことを確信しました。

いや~、
近松は本当にすごいです。
近松の原作通りに上演し続けていたら、
心中は減ったというのが私の持論。
リアルです。容赦ないです。

関連記事

  1. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第6シリーズ開幕

  2. 4/10「女性の視点で読み直す歌舞伎」第6シリーズ開幕

  3. 6/5 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第6クール終了

  4. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第23期

  5. シネマ歌舞伎「日本振袖始」は、ヤマタノオロチのお話!

  6. 講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」今月は「女殺油地獄」

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • J.Fukasawa
    • 2015年 4月 13日

    ああ、そのレクチャー聞きたかったです。 残念!

    • 仲野マリ
    • 2015年 4月 13日

    Fukasawa様
    講座内容に興味を持っていただきありがとうございます!
    近松門左衛門の作品はこれまでに
    「女殺油地獄」「曽根崎心中」「冥途の飛脚」「日本振袖始」を取り上げてきましたが、
    今回は直前に治兵衛への評価が変わりましたので、特に力が入りました(笑)。
    いずれこれまでの講座のリピートも考えておりますので、そのときはぜひ、お越しくださいませ。