④「嫉妬の系譜」~「身替座禅」と「豊志賀の死」~ 

女性の視点で読み直す歌舞伎④
「嫉妬の系譜」~「身替座禅」と「豊志賀の死」~

女のヤキモチはどう描かれてきたか

女性の嫉妬心は昔から話のタネになってきた。
あるときはコメディーに、あるときはホラーに!
取り上げる作品は、狂言「花子」をもとにした「身替座禅」と
三遊亭圓朝の怪談噺「真景・累ヶ淵」の一部「豊志賀の死」。
単なる浮気亭主とヤキモチ妻の夫婦喧嘩がイヤミにならず、
人を心地よい笑顔にさせる芸術にまでなるのはなぜ?
また、圓朝の噺での豊志賀は自害するとき
「七人妻を娶っても取り殺す!」と言って憤死したが、
歌舞伎の豊志賀の最期は愛に溢れて哀れ。
嗤われても怖がられても、女の心はまっすぐ彼に!
「源氏物語」の六条御息所にも共通する、女の切ない恋心に迫ります。

・GINZA楽・学倶楽部
2014年4月15日(火)13:30~15:30
2014年4月15日(火)19:00~21:00
*昼・夜内容は同じです。

関連記事

  1. 2/6 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第14回無事終了

  2. 四月花形歌舞伎@明治座

  3. ⑪「刺青奇偶」~女と刺青・流れゆく男と女~

  4. 3/24「月刊スカパー!」4月号に片岡仁左衛門さんの記事掲載

  5. 6/5 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第6クール終了

  6. ⑭「曽根崎心中」~18の娘が呟く「いつまで生きても同じこと」~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。