③「熊谷陣屋」~相模と藤の方~  

女性の視点で読み直す歌舞伎③
「熊谷陣屋」~相模と藤の方~

子を持つ母のホンネと建て前

危険な場所に子どもを送り出す母の気持ちは、
今も昔も変わらない。
死んだと思っていた子が生きていたときのうれしさ。
自分の子が死んでいたと知ったときの絶望。
そして自分の子を身代わりに殺さなければならなかった父・
熊谷直実の心中は?
「シネマ歌舞伎」の映像や画像を見ながら
源氏と平家の間を行き来した直実の苦悩も併せてひもときます。
・GINZA楽・学倶楽部
2014年3月10日(月)13:30~15:30
2014年3月10日(月)19:00~21:00
*昼・夜内容は同じです。

関連記事

  1. 7月歌舞伎座「牡丹燈籠」のレビューを書きました

  2. ⑨「牡丹燈籠」~3組の男女が織りなす‘愛と死の輪舞’

  3. ⑬「日本振袖始」~スサノオと2人の姫~

  4. 3/5「女性の視点で読み直す歌舞伎」第5クール、無事終了です。

  5. 5/1「月刊スカパー!」5月号に4記事書きました

  6. 3/24「月刊スカパー!」4月号に片岡仁左衛門さんの記事掲載

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。