③「熊谷陣屋」~相模と藤の方~  

女性の視点で読み直す歌舞伎③
「熊谷陣屋」~相模と藤の方~

子を持つ母のホンネと建て前

危険な場所に子どもを送り出す母の気持ちは、
今も昔も変わらない。
死んだと思っていた子が生きていたときのうれしさ。
自分の子が死んでいたと知ったときの絶望。
そして自分の子を身代わりに殺さなければならなかった父・
熊谷直実の心中は?
「シネマ歌舞伎」の映像や画像を見ながら
源氏と平家の間を行き来した直実の苦悩も併せてひもときます。
・GINZA楽・学倶楽部
2014年3月10日(月)13:30~15:30
2014年3月10日(月)19:00~21:00
*昼・夜内容は同じです。

関連記事

  1. ②「女殺油地獄」~お吉とお沢~

  2. ⑥「デキる女、たった一つの恋」~「天守物語」と「英彦山権現誓助剱」~ …

  3. 1/20 5年越しの念願インタビュー決まる!

  4. ⑩「籠釣瓶花街酔醒」~花街の女・光と影と~

  5. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  6. 四月花形歌舞伎@明治座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。