②「女殺油地獄」~お吉とお沢~

女性の視点で読み直す歌舞伎②
「女殺油地獄」~お吉とお沢~

犯罪被害者の女性の無念と加害者の母の嘆き

めった刺しにされた上油まみれで死んでいった油屋の若妻。
彼女はなぜ死ななければならなかったのか?
晩年の近松門左衛門が世に問うた、早すぎる傑作。
「シネマ歌舞伎」の映像や画像を見ながら
現代だからこそ読み解ける、
家庭内暴力や不条理殺人に翻弄される人々の心理を探ります。
・GINZA楽・学倶楽部 2014年2月10日(月)13:30~15:30
・GINZA楽・学倶楽部 2014年2月10日(月)19:00~21:00
*昼・夜内容は同じです。

関連記事

  1. 市川海老蔵特別公演「源氏物語 第二章」@京都劇場

  2. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  3. 2/27歌舞伎俳優へのインタビュー続く

  4. ⑨「牡丹燈籠」~3組の男女が織りなす‘愛と死の輪舞’

  5. 1/5 「月刊スカパー!」1月号に、中村歌昇の記事を書きました。

  6. ③「熊谷陣屋」~相模と藤の方~  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。