⑮「封印切」「新口村」~たった3日でいい、妻と呼ばれたい~

女性の視点で読み直す歌舞伎⑮
「封印切」「新口村」
~たった3日でいい、妻と呼ばれたい~

近松門左衛門が書いた「冥途の飛脚」。
飛脚商の養子・忠兵衛と遊女・梅川の情熱的な恋愛と
公金横領、その後の逃避行を描きます。
原作では忠兵衛は、
飛脚商として預かっている人のカネに手をつけてしまう
どうしようもない男として描かれますが、
その後歌舞伎として改作された「恋飛脚大和往来」では、
同じ公金横領でも、やむにやまれぬ状況に変化しています。
原作ではものの道理をわきまえて説教する八右衛門、
歌舞伎では忠兵衛憎しでただのいやがらせ人間に変貌。
こうした変化は、なぜ起きたのでしょうか?

女が惚れる男ってどんな人?
現在(2015年1月~3月)放送されているTVドラマ
「デート~恋とはどんなものかしら?」などを挙げながら、
女性の恋心について考えていきます。

・GINZA楽・学倶楽部
2014年3月6日(金)13:30~15:30

関連記事

  1. 2/27歌舞伎俳優へのインタビュー続く

  2. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  3. ③「熊谷陣屋」~相模と藤の方~  

  4. ⑰「あんな女になんか負けない!」~「妹背山婦女庭訓」のお三輪と橘姫~

  5. ⑭「曽根崎心中」~18の娘が呟く「いつまで生きても同じこと」~

  6. ⑬「日本振袖始」~スサノオと2人の姫~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。