3/5「女性の視点で読み直す歌舞伎」第5クール、無事終了です。

「女性の視点で読み直す歌舞伎」第5クール、無事終了です。
今月は「封印切」と「新口村」の梅川・忠兵衛について。
今ちょうどフジテレビで放映中の
月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら」に引きつけ、
敵役の八右衛門についてもお話しし、
一般的に女性はどんな男性に恋をするのか、
梅川は、忠兵衛のどんな言葉に反応したのか、などについて
楽しくお話できました。

来期は
4/10(金)が「心中天網島」、
5/8日(金)が「妹背山婦女庭訓」、
6/5(金)が「三人吉三」です。

詳しくはこちら
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 3/24「月刊スカパー!」4月号に片岡仁左衛門さんの記事掲載

  2. 今年最後の講座はスペインバルで12/17

  3. 2/6 「女性の視点で読み直す歌舞伎」第14回無事終了

  4. 6/18「スペインバルで気軽に学ぶ歌舞伎のイロハ」無事終了!

  5. 7/18にシネマ歌舞伎の解説をします

  6. ⑭「曽根崎心中」~18の娘が呟く「いつまで生きても同じこと」~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。