3/5「女性の視点で読み直す歌舞伎」第5クール、無事終了です。

「女性の視点で読み直す歌舞伎」第5クール、無事終了です。
今月は「封印切」と「新口村」の梅川・忠兵衛について。
今ちょうどフジテレビで放映中の
月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら」に引きつけ、
敵役の八右衛門についてもお話しし、
一般的に女性はどんな男性に恋をするのか、
梅川は、忠兵衛のどんな言葉に反応したのか、などについて
楽しくお話できました。

来期は
4/10(金)が「心中天網島」、
5/8日(金)が「妹背山婦女庭訓」、
6/5(金)が「三人吉三」です。

詳しくはこちら
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 3/29「スペインバルで気軽に学ぶ歌舞伎のイロハ」4/2に開催

  2. 5/1「月刊スカパー!」5月号に4記事書きました

  3. 7/18にシネマ歌舞伎の解説をします

  4. ⑪「刺青奇偶」~女と刺青・流れゆく男と女~

  5. ④「嫉妬の系譜」~「身替座禅」と「豊志賀の死」~ 

  6. ⑨「牡丹燈籠」~3組の男女が織りなす‘愛と死の輪舞’

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。