⑪「刺青奇偶」~女と刺青・流れゆく男と女~

女性の視点で読み直す歌舞伎⑪
「刺青奇偶」
~女と刺青その1・流れゆく男と女~

長谷川伸の名作「刺青奇偶」。
江戸払になった男・半太郎が、その江戸と川一つ隔てた行徳で
薄幸の女・お仲と出会う。
半太郎の腕にサイコロの刺青を彫るお仲の心中は?
当時の「高速道路」ともいえる川による水運交通を考えながら、
「新河岸」と呼ばれた行徳の船つき場や、
江戸に入る直前の宿場町「品川」など作品の舞台を検証しつつ、
「夢の中が一番幸せ」な哀しい女と
その女を愛した男の気持に迫ります。
シネマ歌舞伎になった坂東玉三郎と故・十八世中村勘三郎の
至芸を振り返りながらの講座です。

・GINZA楽・学倶楽部
2014年11月7日(金)13:30~15:30

関連記事

  1. 7月歌舞伎座「牡丹燈籠」のレビューを書きました

  2. 2/9 歌舞伎俳優のインタビュー

  3. 四月花形歌舞伎@明治座

  4. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  5. 3/24「月刊スカパー!」4月号に片岡仁左衛門さんの記事掲載

  6. ⑤「仇と知らず妻になる」~「東海道四谷怪談」と「大江戸りびんぐでっど」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。