⑩「籠釣瓶花街酔醒」~花街の女・光と影と~

女性の視点で読み直す歌舞伎⑩
「籠釣瓶花街酔醒」
~花街の女・光と影と~

「八ッ橋には肚(はら)がない」「同じ傾城でも揚巻や夕霧とは違う」
―多くの傾城を演じてきた坂東玉三郎の言葉である。
どこがどう違うのか。それは「太夫」と呼ばれた最高ランクの遊女の消滅と
何か関係があるのだろうか。
「助六」の揚巻、「廓文章」の夕霧をはじめ、
歌舞伎に出てくる多くの遊女たちについて
花街の女と間夫の関係、客との関係などを比較しながら、
八ッ橋の浮き草のような人生の裏側に迫ります。

・GINZA楽・学倶楽部
2014年10月4日(金)13:30~15:30

関連記事

  1. ③「熊谷陣屋」~相模と藤の方~  

  2. 3/5「女性の視点で読み直す歌舞伎」第5クール、無事終了です。

  3. 「歌舞伎ビギナーズガイド」に1月の歌舞伎レビューを書きました。

  4. 6/1 2015年5月の観劇記録

  5. ⑭「曽根崎心中」~18の娘が呟く「いつまで生きても同じこと」~

  6. ⑨「牡丹燈籠」~3組の男女が織りなす‘愛と死の輪舞’

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。