7月歌舞伎座「牡丹燈籠」のレビューを書きました

7月歌舞伎座夜の部は、

坂東玉三郎と市川中車のコンビによる「牡丹燈籠」。

中車が力をつけてきたことがわかる舞台となりました。

詳しくは「仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド」まで。

関連記事

  1. 3/5「女性の視点で読み直す歌舞伎」第5クール、無事終了です。

  2. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  3. 2/23 坂東三津五郎丈逝く

  4. シネマ歌舞伎「阿弖流為」

  5. 7/18にシネマ歌舞伎の解説をします

  6. 「演劇界」9月号に記事を書きました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。