2/23 坂東三津五郎丈逝く

昨日、
十代目坂東三津五郎さんが亡くなったというニュースが飛び込んできました。
あまりのことに、言葉もありません。
膵臓がんで闘病されていたことはもちろん知っていましたが、
それほど悪くなっていたとはまったく思っておりませんでした。

事実、テレビなどで拝見する限り、
多少お顔の色が優れないくらいで、非常に活発でいらっしゃる。
今年に入ってからのインフルエンザが肺炎を併発させ、
がんが肺に転移していたためそこからが早かったようです。
とはいえ、
おそらく人前では弱音を吐かず、
淡々と過ごされる方だったとご推察します。
そういう美学の持ち主だったのではないでしょうか。

本日の昼に、長男の巳之助さんが会見に応じていました。
巳之助さんも非常にしっかりとした受け答えで、
なんのゆかりもない私などがうろたえていてはいけないと思いつつ、
まだ気持ちの整理ができておりません。

インタビューをさせていただくため、
青山のお宅にうかがったのは、2011年のことでした。
2011年は、御園座で團十郎さんのインタビューもさせていただいています。
あのとき、お元気だったお二人はもういない・・・。
この世の中は、なんてむごく、理不尽なんでしょう。

勘三郎さんが「何で来るんだよ!」って怒ってますよ。
怒りながら、泣きながら、2人で抱き合っているのではないでしょうか。

衝撃からまる一日、
ようやくご冥福を祈るところまで気持ちが落ち着いてきました。
どうぞ安らかに。
これからの歌舞伎界に、天上から力をお貸しください。

関連記事

  1. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」9/4「海神別荘」無事終了

  2. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  3. 新作歌舞伎「阿弖流為」のレビューを書きました

  4. ⑫「盟三五大切」~女と刺青・五大力と小万~

  5. 6/15 歌舞伎俳優さんの取材が決まりました

  6. ①「仮名手本忠臣蔵」~おかるとおかやと顔世御前~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。