⑨「牡丹燈籠」~3組の男女が織りなす‘愛と死の輪舞’

女性の視点で読み直す歌舞伎⑨
「牡丹燈籠」
~3組の男女が織りなす‘愛と死の輪舞’

「牡丹燈籠」といえば、夏の夜に響く「カラ~ン、コロ~ン」の下駄の音。
そして夜な夜な通う、ガイコツ美人・・・。
でもきっと皆さんは、「牡丹燈籠」の本当のラストシーンを知らない!
幽霊よりもコワイ人間の業とその代償が徹底的に描かれる名作を、
お露、お峰、お国の3人の女性に焦点を当てて語ります。

・GINZA楽・学倶楽部
2014年9月4日(木)13:30~15:30
2014年9月4日(木)19:00~21:00
*昼・夜内容は同じです。

関連記事

  1. ⑦「隅田川」と「瞼の母」で‘子ゆえの闇’を考える  

  2. 2015年9月の歌舞伎のみどころ

  3. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」10/8は「籠釣瓶花街酔醒」

  4. 「女性の視点で読み直す歌舞伎」9/4「海神別荘」無事終了

  5. 講座「女性の視点で読み直す歌舞伎」今月は「女殺油地獄」

  6. 四月大歌舞伎(昼の部)@歌舞伎座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。